他にどんな費用がかかるの?

住宅を購入するとき、仲介手数料以外にもさまざまな費用が必要になります。
資金計画で失敗しないように、あらかじめしっかりと把握しておきましょう。

物件ごとに細かい金額は変わってきますので、具体的な金額は提示できないのですが、およその金額を理解しておくと、物件探しにもゆとりがでますのでお勧めします。

2,500万円の新築住宅を購入した時(銀行借入2,500万円の場合)

印紙代15,000円印紙税法に基づき契約書に貼付
融資事務手数料30,000円ローン申請代行による不動産会社へ支払う手数料
銀行ローン事務手数料31,500円申請先の金融機関でかかります
銀行ローン印紙代20,400円金融機関での借入契約書に貼付
銀行保証料515,350円金利内枠にもできます
固定資産税50,000円日割精算分として売主に払います
表示登記費用90,000円建物名義申請にかかる登録免許税
登記費用3~500,000円所有権移転等にかかる登録免許税
仲介手数料850,500円仲介で成約した時にかかる費用

※借入が無い場合、②~⑤はかかりません。
※若干の差異が生じますので、あくまでも目安とお考え下さい。

合計約2,102,750円もの費用がかかるのです。

さらにさらに、この他に実際にかかるお金があります。

  • 引越し代
  • 家具代
  • 照明器具、カーテン、カーペット、エアコンなど

住宅メーカーによっては、網戸やTVアンテナも備え付けなければなりません。
物件価格の約10%が住宅以外にかかる費用の一般的な金額です。

ちなみに仲介無料ドットコムで購入した場合、一般的な不動産会社よりも、お得になります。

  • 2,500万円の新築住宅で85万500円
  • 3,000万円の新築住宅で100万8,000円

2019年11月15日更新

  • 現在の登録物件数
  • 一般公開物件 532件
  • 会員公開物件 425件
  • 合計公開物件 957件
このページの先頭へ戻る