仲介手数料って何?

家や土地を買ったりすることってあまりないことなので、仲介手数料って なじみがないかもしませんね。
でも、車1台ぐらい買えてしまうほどの大きな金額なのでしっかり理解してくださいね!

仲介手数料とは、簡単に言うと、家探しのお手伝いをしてくれた不動産業者にサービス代金として支払うお金のことです。
宅建業法という法律で決まっていて、物件価格の3.15%+6.3万円が上限になっています。この上限というところがポイントです。

例えば、3,000万円の新築住宅を買う場合、仲介手数料は3,000万円×3.15%+6.3万円=約100万円ということです。

物件価格計算方法通常の
仲介手数料
2,500万円31.5%×6.3万円850,500円
3,000万円1,008,000円
3,500万円1,165,500円
4,000万円1,323,000円

中古車が購入できてしまうぐらいの結構な金額です。

不動産会社へ行って手数料の質問をすると、営業マンは当たり前のように「手数料は業法で決まっていまして物件価格の3%+6万円に消費税となります」とサラッと言います。
このサラッというところもポイントです。要するにお客さんに突っ込まれた質問をされたくないのでサラッと言うのです。試しに近所の不動産屋へ行って手数料はいくらか聞いてみてください。
本当にサラッと言いますよ(^―^)

先ほど、物件価格の3.15%+6.3万円が上限と書きましたが、上限なので安くすることは不動産会社によっては可能となります。はい。仲介無料ドットコムではたくさんあるサービスの一つとして新築住宅だと「仲介手数料無料」新築住宅以外でも手数料を割引して、ご紹介しています。

「安くしてくれるのはうれしいけど、無料じゃ会社は働いている人に給料も払えないでしょ?」

「そこまでして安くしてほしいと思ってないよ。ちゃんと話を聞いてくれて、いい住まいが見つかれば、もちろん、手数料は払いたいよ。」

「でも、引越ししたあとも、カーテンや家電なんかで何かとお金がかかるから、安いほうがいいけどね(^―^)」

このような声が、聞こえてきます・・・。

世の中のたいていの人は、サービスに見合った価格であれば、ちゃんと「ありがとう!」という気持ちを込めてお金を払いたいのですね。

仲介無料ドットコムは、このすべての気持ちを理解した上で、手数料最大無料に決めました。働いている人に給料が払われない会社ではないので安心してくださいね\(^ ^)/

では、なぜそんなことが可能なのか?
その前に「仲介手数料のしくみ」を説明したいと思います。

2019年11月15日更新

  • 現在の登録物件数
  • 一般公開物件 532件
  • 会員公開物件 425件
  • 合計公開物件 957件
このページの先頭へ戻る